[PR]

ジャーナリスト 重信メイ(中)

 東京・新宿で重信メイ(41)と鉄板焼きレストランに入った。「わあ」。鉄板から立ちのぼる炎を見て喜び、スマホを向けた。初老の調理師は「こっちから撮るといいよ」と協力的だった。が、撮影が終わり腰を落ち着けると、声を低めて聞いてきた。「純粋な日本人じゃないよね? ハーフ? どこの国との?」――。

 1990年代に入ると、中東情勢は大きく変化した。89年にベルリンの壁が崩れると、東欧の社会主義体制が次々に崩壊。91年に湾岸戦争が起き、反イスラエルのテロリストを支援していたソ連が消滅する。アラブとイスラエルの和平交渉が進展。欧米や日本政府の圧力もあり、レバノン政府の方針が転換する。97年、レバノンの治安当局は日本赤軍メンバーを逮捕、岡本公三を除く4人が日本に送還された。

 2000年11月、メイの母親…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも