[PR]

 イスラエルで「レッドアラート」と呼ばれるスマートフォン用の無料アプリの利用が急増している。パレスチナ自治区ガザからのロケット弾発射を警報音と表示で瞬時に伝え、防空シェルターへの避難を促すために開発された。

 「レッドアラート」は24日も、記者のスマホで数十分ごとに警報音を発し続けた。ガザからのロケット弾が集中したのはイスラエル南部のエシュコルなど。アプリは着弾予測地を行政区名で表示する。

 ソフトウエア開発企業で働くアリ・スプラングさん(34)らが2012年11月に開発した。そのころ、ガザのイスラム組織ハマスとイスラエル軍の戦闘が激化し、エルサレム近郊やテルアビブなど大都市にもロケットが着弾していた。

 アプリの仕組みの詳細は公表し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも