[PR]

 JR西日本によると、24日午後4時40分ごろから関西線の伊賀上野―加茂間の上下線が終日運転を見合わせた。笠置駅(京都府笠置町)の雨量計が基準を超えたため。上下計20本が運休し、約1500人に影響した。

 また、同日午後4時20分ごろから、大和路線の大和小泉―柏原間で速度を落として運転している。王寺駅(奈良県王寺町)で基準を超えた。運休や遅れが出ていたが、午後8時30分ごろに通常の速度に戻した。