[PR]

 日本郵便は27日、2015年用の年賀はがきの概要を発表した。無料対話アプリ「LINE(ライン)」と連携し、利用者がLINEでつながる相手の住所を知らなくても、手軽に年賀状の郵送手続きができるサービスを始める。ソニーとも連携し、スマートフォンをかざすと動画などが楽しめる年賀はがきも売り出す。

 スマホへの対応を強め、若者の年賀状離れを食いとめるねらいだ。年賀はがきの当初の発行枚数は前年並みの32億1590万枚。10月30日に発売する。

 LINEとの連携サービスでは、まず利用者がスマホ用のソフトではがきを作り、LINEで手続き用のURLを相手に送信する。それを受け取った人が住所などを入れれば、日本郵便が年賀はがきを郵送する。

 ソニーとの連携では、実際の風…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも