[PR]

 STAP細胞はあるのかないのか――27日発表した検証実験の中間報告で、理化学研究所は判断を示さなかった。存在を確認できないのに、実験を継続する理研に対し、冷ややかな視線も注がれる。世界の研究者も関心を失いつつある。

 「いま話しているのは(STAP細胞が)一番できにくいとの情報のあるマウス。それ以外の条件も試す余地はある」

 理研が開いた検証実験中間報告の記者会見。「できていないのをマウスのせいにするのはおかしくないか?」といった質問が相次ぐなか、発生・再生科学総合研究センター(CDB)の丹羽仁史プロジェクトリーダーらは実験継続の意義を強調した。

 しかし、科学界からは冷ややかな声も聞かれる。

 万能細胞に詳しい京都大再生医…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも