[PR]

 私はただいま、イタリア・ベネチアのリド島で開催中の第71回ベネチア国際映画祭に来ています。カジノに使われていた建物の4階、目の前に青いアドリア海をのぞむ広いプレスルームで、心地よい夕刻の海風に吹かれながら原稿を打っております。

 しかし、今回のネタはベネチアとは関係ない「ルパン三世」。8月30日に公開された実写版映画です。感想を簡潔にまとめると、小栗旬さんのルパンは素晴らしい! 黒木メイサさんの不二子もお見事。お話は、毎年のテレビスペシャルのようで良くも悪くも「ルパン」らしく……といったところでしょうか。

 ほとんどの人が気がかりだったのは、ルパン、次元、五ェ門、不二子、銭形のキャスティングでしょう。いやそもそも、アニメで40年以上慣れ親しんだキャラクターを生身の役者が演じること自体、無理があると思ったのでは?(1974年の実写映画は最初のアニメからほんの3年後でした)

 ところが小栗さんは、第一声の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら