[PR]

 京セラが、水上式では世界最大規模の太陽光発電所(メガソーラー)を兵庫県加東市のため池に建設する。出力2900キロワット、投資額は10億円。9月に工事を始め、来年4月から発電する。

 西平池と東平池に、仏シエル・テール社から買う高密度ポリエチレン架台を浮かべ、太陽電池を計1万1256枚載せる。京セラと東京センチュリーリースが出資した「京セラTCLソーラー」が運営する。年間発電量は一般家庭920世帯分の330万キロワット時。関西電力に売る。

 京セラTCLはこれを手始めに、今年度中に全国の池などで30件、計6万キロワットの発電所を計画。すでに100件超の引き合いがあるという。(山村哲史)

こんなニュースも