[PR]

 北海道産の牛肉を「飛驒牛」などと偽って表示していたとして、農林水産省近畿農政局は29日、大阪府守口市の食肉販売加工会社「萬野(まんの)畜産」に表示の是正を求め、JAS法に基づく指示と牛トレーサビリティー法による勧告を出した。問題の牛肉は、西日本の百貨店などで中元や歳暮用として売られていた。

 同局によると、萬野畜産は2007年6月~今年5月、北海道産など35都道県の黒毛和牛122商品(約16トン)を「岐阜県産飛驒牛」と偽り、35都道県の黒毛和牛30商品(約1・9トン)については「三重県産」と偽って表示、販売していた。表示を偽るほか、個体識別番号も偽装していた。同社は6月に申告し、「仕入れ量を確保できなかったため、常態的に偽ってしまった」と説明したという。

 同社は北海道に牧場と枝肉加工場があり、大阪府と和歌山、熊本両県の四つの直営店で食肉を販売しているという。同社はホームページに「ご購入いただいたお客様ならびに当該商品の納入先事業者様に多大なご迷惑をおかけしましたことを深くお詫(わ)び申し上げます」と謝罪文を掲載した。

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら