[PR]

 鹿児島市の南日本放送(MBC)は29日、気象情報を知らせるメール配信サービス「ふるぷりネット」の会員約2万人の個人情報が外部に流出したと発表した。

 MBCによると、流出したのは2012年10月末までに登録した会員のメールアドレス、電話番号、郵便番号、生年月日、パスワード。29日午後1時半ごろ、社内の旧データベースへの外部からの不正アクセスを確認したという。午後6時半ごろにサービスを止め、不審なメールなどに注意するよう会員に呼びかけている。

 ふるぷりネットは、会員になると、天気予報や桜島の噴火情報などをメールで受け取れるサービス。現在の会員は約3万1千人。