[PR]

 日本新聞協会は3日、2014年度の新聞協会賞を発表し、朝日新聞社の「『徳洲会から猪瀬直樹・前東京都知事への5千万円提供をめぐる一連のスクープ』と関連報道」(東京社会部、特別報道部)が編集部門で選ばれた。受賞は3年連続。10月15日に新潟市で開かれる第67回新聞大会式典で授賞式がある。

 最初の報道は13年11月22日付朝刊。猪瀬氏が12年の都知事選の告示直前、医療法人「徳洲会」グループから現金5千万円を受け取り、一切公表していなかった事実を調査報道でスクープした。猪瀬氏は、徳洲会が13年9月に東京地検特捜部の強制捜査を受けた後、資金を返却したが、その事実も報道で明らかにした。資金提供の直前に、徳洲会側が都内にある東京電力病院の取得を目指す意向を猪瀬氏に伝えていたことも特報した。

 選考で「報道によって知事は任期途中で辞任に追い込まれ、刑事責任が追及される事態へと発展した」などと評価された。

 編集部門のその他の受賞は次の通り。

 河北新報社「潮路はるかに 慶長遣欧使節船出帆400年」▽毎日新聞東京本社「『太郎さん』など認知症の身元不明者らを巡る『老いてさまよう』の一連の報道」▽福島民報社「東日本大震災・東京電力福島第一原発事故 原発事故関連死 不条理の連鎖」▽信濃毎日新聞社「『温かな手で―出産を支える社会へ』キャンペーン」