宝塚歌劇団で三枚目の男役として活躍し、歌劇100周年と同い年の100歳の卒業生として話題だった中野貞子さんが8月5日、老衰で亡くなった。大阪府豊中市の自宅で眠るように逝ったという。

 芸名は泉川(いずみかわ)美香子。1929年宝塚に入り、レビューの代表作「パリゼット」などに出演。42年に退団後は卒業生でつくる「宝友会」の会長を務めた。4月に開かれた宝塚歌劇100周年記念式典をテレビで見て、「この中に自分がいたことは夢のようだ」と話したという。

 20日午後1時から、豊中市中桜塚5の15の3の加納会館ファミリエ法要会館で四十九日の法要がある。喪主は孫の中野隆宏さん。