[PR]

 氷水をかぶって難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を支援する活動で、2747万円の寄付が贈られたと、患者や家族らでつくる日本ALS協会が2日、記者会見で発表した。8月31日までの2週間で、通常の4・5年分にあたるという。

 患者で協会副会長の岡部宏生さんは「無関心と、奇異の目で見られることが一番つらい。広くこの病気が知られる機会となりうれしい」と感謝した。

 氷水をかぶるか、寄付をするか、もしくは両方するか選び、氷水をかぶった人は次の3人を指名できる「アイス・バケット・チャレンジ」。米国発で今夏、世界中に一気に広まった。

 日本では、ノーベル賞受賞者の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら