[PR]

(6日、錦織圭3―1ジョコビッチ 全米オープン男子単準決勝)

 決勝進出を決めた錦織の一言に、記者会見の会場が一瞬、爆笑に包まれた。

 「正直、自分でもちょっとおかしいんじゃないか、と」

 質問の内容は、今大会目覚ましい、体力面の強化についてだった。

 答えはこう続く。

 「2試合続けて5セットを戦った後で、今日も僕も疲れはありましたけど、彼の方が疲れて見えた。体力面が強くなっているんだなと改めて実感します」

 これまで、錦織についてまわったのが体力面の不安だった。昨春、インタビューしたときに錦織があきれていたのが、ジョコビッチの不屈の精神力と無尽蔵の体力。ナダル(スペイン)との4大大会決勝の最長試合(5時間53分)を制した2012年全豪を例に挙げ、「準決勝まで6試合を戦った後に、決勝で6時間近く走り回るなんて信じられない」と驚いていた。

 今年3月、米マイアミのソニー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも