[PR]

 テニスの全米オープンは8日(日本時間9日)、ニューヨークで最終日があり、男女通じて日本選手で初めて4大大会のシングルス決勝に進んだ錦織(にしこり)圭(24)は、マリン・チリッチ(25=クロアチア)に3―6、3―6、3―6で敗れ、初優勝はならなかった。

 世界ランキング8位の錦織は同12位のチリッチに立ち上がりから苦戦。第1セットを失うと、第2、第3セットも主導権を奪うことができなかった。チリッチは4大大会初制覇。

 錦織は今大会、4回戦、準々決勝をフルセットの末に突破すると、準決勝では第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を下し、アジア男子として初の4大大会シングルス決勝に勝ち上がってきた。

こんなニュースも