[PR]

 臭い、汚い、暗いと敬遠されてきた学校のトイレ。エコでキレイなトイレに変えませんか――。老朽化した校舎の改修にあわせて、トイレも新しくしてもらおうと、衛生陶器大手のTOTO(北九州市)が学校への売り込みを強めている。

 「環境に配慮し、衛生的で生徒も使いやすいトイレを提案したい」

 福岡市博多区の「TOTOテクニカルセンター福岡」で10~11日、学校関係者を対象に開かれた「学校トイレセミナー」。TOTO九州支社の小川雅也・市場開発課長はこう切り出した。

 セミナーで紹介された洋式便器の新商品は、洗浄に使う水が1回につき最大4・8リットルで、1970年代のトイレの半分以下。初期投資は高いが、水道料金が抑えられるため、数年で元がとれるという。10月1日に発売予定で、集まった学校関係者らにコスト削減につながるとアピールした。

 和式便器が多く残る学校のトイ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも