[PR]

 野良猫のトラブルや猫の殺処分を減らそうと、住民の協力で不妊去勢手術などを施す「地域猫」の推進に県が乗り出した。パンフレットの作成やモデル地区の設定などで地域活動を支援し、年間4千匹にも及ぶ殺処分数を2023年度までに1200匹以下に減らすことをめざす。

 山口市の県教育会館で10日、地域猫の提唱者で、横浜市神奈川福祉保健センター職員(獣医師)の黒沢泰さん(57)を講師にした県主催の学習会があった。

 黒沢さんは、同市磯子区を担当していた1999年、区民公募の検討委員会で飼育ガイドラインを設定。市内各地で猫の数や苦情を激減させた実績がある。活動の柱は、不妊去勢手術の徹底と住民による世話。地域で話し合って餌をやる場所と時間を決め、残りはすぐに片づける。猫用トイレを設置したり、野良猫台帳で健康状態を観察したりする。

 「野良猫を嫌悪する人も擁護す…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら