[PR]

 ゆるキャラの人気をインターネット投票で競う「ゆるキャラグランプリ」に、県産農産物のPRキャラクター「ペロリン」が初めて参加している。県内屈指の知名度を持ちながらこれまで参加を見送っていたが、今回、満を持してのエントリーとなった。

 ペロリンは県産農産物のシンボルマークとして、00年にデザインが、01年に名前が公募で選ばれた。13年の「ゆるキャラリンピック」(東京)では「逆立ち」の大技を披露。熊本県の「くまモン」や愛媛県今治市の「バリィさん」を抑えて「最優秀ゆるキャラ」に選ばれ、全国的にも話題を呼んだ。

 今回参加を決めた理由について、県6次産業推進課は「今年は山形DC関連でイベント出演が増え、認知度も上がった。行く先々で『なぜ出ないのか』という声も多く頂き、全国へのPRにもいい機会と考えた」と話す。

 投票は2日から始まっており、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら