[PR]

 水産物の流通に新たな動きが出ている。都内の鮮魚販売会社では、飲食店向けにタブレット端末iPad(アイパッド)を使って注文できるシステムを提供する。IT(情報通信技術)の導入が遅れている業界に風穴を開けようという試みだ。市場を通さず、漁協と直接取引するスーパーも現れた。

 「料理人のための『アマゾン』になりたい」

 水産物の販売を手がける「八面六臂(はちめんろっぴ)」(東京都新宿区)の松田雅也社長は力を込める。目指すのは、インターネット通販最大手「アマゾン」の鮮魚版だ。

 取引先は、個人経営など中小規模の居酒屋や料理店だ。それぞれの店に注文用のアプリ(ソフト)を導入したiPadを無料で貸し出す。

 アプリを開くと、60~80種の魚を選べる「本日のおすすめ」が見られる。常に約700種をそろえる商品一覧から検索する機能もある。1匹から注文できる。午前2時までに注文すれば最短で午前6時に商品が店に届くという。

 大手銀行員だった松田社長は独立を目指して銀行を辞めた。物流関連の会社でIT事業の立ち上げに携わった際、魚の卸売業者らから「水産にはITがない」「産地と消費地をつなげるツールがない」と相談された。全国の魚市場の年間取扱高は約3兆円に上る。手つかずのIT化に商機を見いだした。

 中小規模の店は安定した仕入れ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも