写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 1944年以降、旧日本軍は各地で地下軍事施設を造成し始めた。サイパン島が陥落し、米国のB29機による本土空襲が可能になったからだ。それから70年。戦争の痕を物語る施設の保存を巡り、明暗が分かれている。土地の権利関係が壁となり、消えかけている施設も少なくない。

大阪・高槻地下倉庫

 「あれっ、この辺なんだけど。倒木も多いし、大雨のせいで地形が変わってしまっている」

 大阪府高槻市成合地区の山中で6月、ガイドの橋本徹さん(74)は言った。1時間近く林の中を歩いたが、複数に分かれた地下壕(ごう)のうち、目当ての壕の入り口は見つからなかった。これまでは案内できた場所だ。

 「こうやって戦争の記憶は消えていくんですわ」

 この地下壕は、高槻地下倉庫。頭文字をとって、通称「タチソ」の暗号名で呼ばれた。橋本さんは「高槻『タチソ』戦跡保存の会」のメンバーだ。

 保存の会によると、地下壕群は5地区あるが、現在見学しやすいのは1地区。戦後処理で埋められた壕のほか、崩落が起こり、出入りできなくなった壕もある。

 市などによると、タチソは旧陸…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら