[PR]

 自転車で走行中に歩行者と衝突し、そのまま立ち去ったとして、兵庫県警が同県西宮市下水道部の男性職員(54)を道路交通法違反(ひき逃げ)などの疑いで書類送検し、普通乗用車などの運転免許についても停止処分(180日間)にした。県警などへの取材でわかった。

 自転車事故を理由にする運転免許の停止処分は珍しいが、県警は、職員が車の運転でも事故を起こす恐れがあると判断したとしている。県警によると、職員は西宮市久保町で3月12日、歩道脇の自転車道を走行中、横切ろうとした女性(81)と衝突し、救護せずに逃走した疑いがある。女性は手首の骨が折れる重傷で、事故当時、痛みを訴えたが、職員は「危ないやないか」と怒鳴って立ち去ったという。仕事で移動中だった。県警の処分は今月11日付。

 市は職員の処分を検討。市の調査に職員は「大変申し訳ない」と話したという。