[PR]

 2001年に閉園した西海市の旧長崎オランダ村の一部が、レストランや物販を中心とした施設に生まれ変わることになった。12日、市が発表した。開業は16年3月の予定。

 市は跡地をA(行政)、B(商業・観光)、C(医療・福祉・教育)の3ゾーンに分けて再生策を検討。Bゾーンの管理運営事業者を公募し、県内外の3事業者から、長崎バイオパーク(同市)の運営会社などが作る新法人を選んだ。土地と建物は市が貸与する。賃借料については無償も含めて今後、協議する。

 バイオパークの坂本信吾会長によると、入場は無料にし、現在あるオランダ風の建物を利用して、レストランや地元特産品の売店、工房などのテナントを誘致する。市民交流センターや釣り堀、有料の陶磁器などの美術館も整備する。

 車で5分ほどのバイオパークと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら