[PR]

 JR川越駅(埼玉県川越市)前のコンコースで、登校中の全盲の女子生徒が足を蹴られて負傷した事件で、埼玉県警は12日、同県狭山市内の障害者支援施設に入所する男性(44)を容疑者と特定し、任意で捜査していると発表した。男性には知的障害があり、認否について明確な供述が得られていないという。県警は、男性の刑事責任能力の有無も含め、慎重に調べる方針だ。

 県警によると、現場の防犯カメラや複数の目撃情報などから、男性が関与した疑いが強まったと判断したという。

 女子生徒は8日午前7時50分ごろ、改札口を出て白い杖を頼りに点字ブロックの上を歩いていた際、前方から近づいてきた人に杖がぶつかり、その直後、右ひざの裏を蹴られ、約3週間のけがを負った。

 県警の発表を受け、女子生徒の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら