[PR]

 面識のない人と交流できるインターネットの「コミュニティーサイト」を使って性犯罪などの事件に巻き込まれ、警察に保護された少年少女が今年上半期(1~6月)、698人だったことが18日、警察庁のまとめでわかった。昨年同期より100人多く、半期では過去最悪だ。とりわけ、「LINE」など無料通話アプリを利用した被害が急増している。

 コミュニティーサイトは友人を探す交流サイトの総称。例えば、「フェイスブック」などのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)や「グリー」などのゲームサイト、「2ちゃんねる」などの掲示板がある。18歳未満の利用や性行為を誘う書き込みを禁じた「出会い系サイト」と違い、法律の規制がない。

 警察庁によると、コミュニティーサイトを使って被害に遭った18歳未満の698人のうち、LINEや「カカオトーク」「スカイプ」といった無料通話アプリで、電話番号に相当するIDの交換掲示板を利用していたのが262人(37・5%)。昨年同期(117人)の2倍に及んだ。一昨年上半期までは被害がなく、アプリの普及と共に増えているという。

 摘発した事件は948件で、昨…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら