[PR]

 ネットバンキングにログインしたら自動的に不正送金を指示する新型ウイルスの出現は、被害を防ごうと各銀行が採り入れた最新の防衛策をかいくぐるものだ。サイバー技術を駆使して新しいウイルスを生み出すハッカーと銀行との「いたちごっこ」は続く。利用者にも自己防衛策が求められている。

 メガバンクや有力地銀が切り札の一つとして進めてきたのが「ワンタイムパスワード」の導入だ。パスワードが表示される小型端末を配り、ネットバンキングを使うときに1回限りのパスワードを示す方法だ。パスワードを盗んだ犯罪者が不正にサイトにアクセスし、送金を指示する手口を防ぐには有効だった。

 だが、新たなウイルスは、利用者がログインしている間に不正送金を済ませようとする。途中で追加のパスワードなどが必要になれば、それを入力させる偽サイトを表示することもある。利用者が「偽」と気づかずにパスワードを打ち込めば、不正送金が済んでしまう恐れがある。

 三井住友銀行でも今春、ワンタ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら