[PR]

 時代は中性? 女装をする男性たちが「男の娘(こ)」として脚光を浴びている。女装イベントが盛り上がりをみせ、学園祭でも「かわいすぎる男子」が話題に。ネット上で見る機会が増え、若年層を中心にカジュアルな女装が広がっている。

 先月深夜、東京・新宿で開かれた女装イベント「プロパガンダ」。「男の娘アイドル」志望の若者たちがスカートをひらめかせて踊る姿に、歓声があがった。OL風、ギャル系、ゴスロリ系……。来場者約400人の7割ほどが女装者とみられるが、女性と区別がつかない人も多い。動機は様々で、幼い頃から性別に違和感を抱く人もいれば、コスプレ感覚の人もいる。

 るるさん(22)は日中仕事をしながら、月に1度だけ女装を楽しむ。「違う自分に変身できて、男社会のストレスから解放される。でも普段の生活もあるから、月イチぐらいがちょうどいいかな」

 プロパガンダは2007年から毎月最終土曜日に開催。当初50人ほどの参加者は回を追うごとに膨らみ、国内最大規模の祭典へと成長した。2代目主宰のさつきさんは昨年、性別適合手術を受け、ニューハーフの世界大会で4位に入った。「コンセプトは『解放』。様々な立場の人たちが、好きな服、好きなメークで交流できる社交場を提供したい」と語る。

 「男の娘」という呼称が広まったのは00年代とされる。成人向けマンガやゲームで女装した男性が盛んに描かれ、コスプレやメードカフェなど「3次元」の世界にもブームが波及した。

 『「男の娘」たち』(近刊予定)の著者、川本直さん(34)は「かつては女装の場が限られ、愛好家も日陰者扱いされてきたが、最近はツイッターや動画サイトなどネット上で女装を見る/見せる機会が増え、すそ野が広がった。よりポップで、クオリティーも高いのが特徴だ」と分析する。

 東京工業大、筑波大、電気通信…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら