[PR]

 目の難病患者の細胞から作製したiPS細胞(人工多能性幹細胞)を網膜の細胞に分化させ、本人に移植する世界初の手術を実施した先端医療振興財団(神戸市)と理化学研究所は18日、患者が同日午後、入院していた同財団の先端医療センター病院を退院したと発表した。移植した組織のシートはそのままの場所にあることが確認され、経過は良好だという。

 この手術は、網膜の組織が損傷するために視力が落ちたり、視界がゆがんだりする「加齢黄斑変性」の70代女性に対し、12日に実施された。患者本人のiPS細胞から作った網膜色素上皮という細胞のシートを、網膜の下にある傷んだ細胞と不要な血管を取り除いたうえで、右目に移植した。

 執刀にあたった同病院の栗本康夫・眼科統括部長は「経過も良好で、ひとまず安堵(あんど)している。これからも診療に最善を尽くして参りたい」とのコメントを出した。

 今後は数カ月ごとに視力や眼球…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも