[PR]

 東京・表参道の「アップルストア表参道」周辺は、開店前から中国語の怒声が飛び交った。行列には、雇われたとみられる中国人が目立った。場所取りをしていた人のもとに後から仲間が加わり、早くから並んでいた日本人男性は「昨日まで170人だった列が今朝からどんどん横入りされて3倍になった」。順番をめぐるいざこざも起きた。

 開店後、買ったiPhoneと現金を受け渡し、そのままフェラーリなどの高級車に積み込む光景があちこちでみられた。30代の中国人男性は「友だちに頼まれ、昨日から並んだ。報酬は2万円」と明かした。雇ったとみられる日本人男性たちを引き連れ、クレジットカードを手渡して買い物させる中国人女性の姿も。別の男性は「50個集めてすぐ香港に送る。円安効果もあって2、3倍の値がつく」と言い、「高価買取」と書かれた紙を掲げた。

 中国では「6」「6プラス」の発売時期がまだわからない。この日は中国で人気の6プラスばかりが売れて、30分足らずで品切れとなった。(藤田知也)