[PR]

 南海電鉄が経営する「みさき公園」(大阪府岬町)に、子ども向けの鉄道体験施設「わくわく電車らんど」が完成し、19日に地元の小学生を招いた内覧会があった。開業は27日の予定。

 テント屋根の体験施設は広さ約480平方メートルで、約1億5千万円かけて整備された。通勤電車などに使われた車両3両を先頭から約5メートルのところでカットして展示し、車内でドアの開け閉めやアナウンスなどの車掌体験ができる。

 また、特急ラピートの実物大模型もあり、運転席にあるシミュレーターで運転士体験もできる。施設の外には本物の踏切を設置し、将来は子どもたちの交通教育に役立てるという。

 町立淡輪小学校2年の浜崎友利君(7)は「毎日南海に乗って学校に来てるから好き。運転体験が面白かった。また遊びに来たい」と喜んでいた。公園の入園料(大人1350円、3歳~小学生700円)のほかに入館料400円(3歳以上)が必要。問い合わせは同公園(072・492・1005)へ。(柳谷政人)