[PR]

 スマートフォン向けの無料通話アプリを提供する「LINE」は22日から、すべての利用者に対して、新たに4桁の数字の暗証番号の設定を義務化した。本人になりすましアカウントが乗っ取られる被害が相次いでいることから、本人確認を強める。

 暗証番号の設定は、サービスを新たに利用する人だけでなく、すでに利用している人も対象となる。これまではメールアドレスとパスワードの入力のほか、暗証番号の打ち込みを任意で求めていた。これを義務化する。電話番号の異なるスマホでログインする際に、暗証番号が必要となる。

 LINEではこれまで、メールアドレスとパスワードが盗まれて、不正にログインされる事例が相次ぎ、お金の被害も出ていた。