【動画】砂利採掘現場の巨大な穴=林敏行撮影
[PR]

 愛知県豊田市枝下(しだれ)町を通る県道のすぐ横に巨大な穴がある。砂利の採掘現場だったが、採石業者が県の許可の範囲を超えて過剰に砂利や粘土などを掘ったとみられ、最も深い所では約15メートルに達している。住民の間には不安が広がっており、県警が捜査を始めている。

 県道からは約4メートルの場所まで掘り進められており、県は、崩落の危険性が高まったとして、8月20日から片側交互通行にしている。今月22日の会見で大村秀章知事は「許可の範囲を超えて掘り進め、周囲に危険を及ぼしたことは遺憾だ」と批判。一方、採石業者は「前の業者が掘った所を直しているだけで、県の言い分はおかしい」と主張は食い違っている。

関連ニュース