[PR]

 安倍晋三首相夫人の昭恵さんは23日、ワシントンのシンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)で講演した。日本では長時間残業することが有能であるとみなされる風潮が残っていると指摘した上で、「女性が男性と同じように働くことが幸せで良い社会だとは思えない。いろいろな働き方が認められる社会がすてきだと思う」と述べた。

 「女性は、受け入れる、横につながる、ネットワークするのが得意」だとし、「男性は、偏見かもしれないが、ピラミッド型の社会を好むような気がする。男性の社会に、そのまま(女性を)放り込むのは少し乱暴だと思う」と述べた。

 質疑応答の中で、日中関係の悪化について聞かれた昭恵さんは「国同士は、国益を背負って対立するのも仕方がない時があるのかもしれないが、一人の女性として、どんな国の方とも仲良くしたいと思っている」と話した。

 ワシントン・ポスト紙は同日の紙面で「安倍首相の秘密兵器」として昭恵さんを大きく取り上げた。昭恵さんの言動が、安倍首相の保守派のイメージを和らげているなどと分析している。(ワシントン)

こんなニュースも