[PR]

 兵庫県警が死体遺棄容疑で逮捕したのは、遺棄現場から約30メートル離れたアパートに住む君野容疑者。

 面識があるという元民生委員の女性によると、このアパートのゴミ出しのマナーをめぐり、自治会長が注意をしたことがあったという。その際、応対した君野容疑者は「自分が他の住民の分もやります。自分が責任を持ってみんなの分までゴミの分別をします」と言っていたという。またこの女性は、君野容疑者が自宅近くの店で買い物をしているところも見たという。女性は「この店には美玲さんもお菓子を買いに来ていたようだ」と話した。

 付近の住民によると、君野容疑者はこのアパートに1~2年前に引っ越してきた。道ばたで会うとあいさつし、「地元のゴミ掃除活動にも参加しており、見た目は真面目そうな感じだった」と話す。今年の正月には母親が遊びにきていたという。