[PR]

 日本航空は24日、最大で約75万人分のマイレージ会員の氏名、住所、生年月日、勤務先などの個人情報が外部に流出したおそれがあると発表した。パスワードやクレジットカード番号は含まれていないという。ウイルスに感染した社内のパソコンを経由して、香港のサーバーに情報が送られていた。

 マイレージ会員2800万人分の顧客情報を管理するサーバーが22日に不具合を起こしたため調べたところ、7台のパソコンを経由してデータが外部に送られていたことがわかったという。個人情報を狙ったサイバー攻撃とみて警視庁に相談している。

 日航は専用の電話窓口(0120・25・9750)を設置して利用者からの相談を受け付ける。平日は午前8時から午後9時まで、土日祝日は午前9時から午後5時半まで。