[PR]

 遺体発見から一夜明けた24日、死体遺棄容疑で逮捕された君野康弘容疑者(47)は、兵庫県警の捜査線上に浮かんでいた人物だった。身元が確認された神戸市長田区の小学1年生、生田美玲(いくたみれい)さん(6)を知る人たちは、その死を悼んだ。

 「こいつ、誰や」

 捜査員は防犯カメラの映像に目をとめた。行方不明当日の11日午後3時15分ごろの映像に、女児の後ろを歩く男の姿が映っていた。捜査関係者によると、男は酒を飲んでふらふらしているような様子を見せ、「違和感」(捜査関係者)があった。それが、君野容疑者だったとみられている。

 住民によると、君野容疑者は1~2年前から神戸市長田区長田天神町1丁目のアパートで暮らすようになった。遺体が見つかった雑木林から約30メートルしか離れておらず、アパートわきの階段を上がっていくと現場にたどり着く。

 県警によると、行方不明になってから5日後の16日、捜査員が君野容疑者のアパートを訪ねた。本人の承諾を得て室内に入ったが、手がかりは得られなかったという。

 だが、23日午後4時過ぎ、捜査は進展する。捜査員が異臭に気づき、ポリ袋に入った遺体を発見。その中に君野容疑者の診察券が入っていたという。

 捜査関係者によると、君野容疑…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら