[PR]

 気象庁の緊急地震速報を装った迷惑メールが相次いで報告され、同庁が注意を呼びかけている。

 同庁によると、6月から今月22日まで、緊急地震速報が発表されたという内容のメールが届いたという問い合わせが15件あった。6月と7月は1件、8月は2件だったが、9月に11件と増えている。居住地域は東京都や広島県、岩手県などだった。

 「強い揺れが来ますので十分警戒してください」と記され、「詳細はコチラよりご確認頂けます」とリンク先が示されている内容が目立った。リンク先を確認したところ、サーバー上から削除されていたという。

 気象庁が発表する緊急地震速報にリンク先が記されることはない。担当者は「緊急地震速報は強い地震が来ることを少しでも早く知らせるために短い文章で記している。リンク先にアクセスしないでほしい」と話す。(土居貴輝)