写真・図版

[PR]

 女はやがて元の通りに向き直った。眼を伏せて二足ばかり三四郎に近付いた時、突然首を少し後に引いて、まともに男を見た。二重瞼(ふたえまぶち)の切長(きれなが)の落付いた恰好(かっこう)である。目立って黒い眉毛の下に活(い)きている。同時に奇麗な歯があらわれた。この歯とこの顔色(かおいろ)とは三四郎に取って忘るべからざる対照であった。

 今日は白いものを薄く塗っている。けれども本来の地(じ)を隠すほどに無趣味ではなかった。濃(こまや)かな肉が、ほどよく色づいて、強い日光(ひ)に負(め)げないように見える上を、極めて薄く粉(こ)が吹いている。てらてら照(ひか)る顔ではない。

 肉は頰といわず顎(あご)とい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら