[PR]

 親が育てられない子どもを匿名で預かる慈恵病院(熊本市)の赤ちゃんポスト「こうのとりのゆりかご」について、医師や有識者らでつくる市の専門部会が26日、利用実態や課題をまとめた検証報告書を公表した。子どもの身元がわからない割合が増えており、「その後の養育にさまざまな支障が生じる」と指摘。親との接触に最大限の努力をするよう病院側に求めている。

 ゆりかごについては、熊本県の検証会議が2007年5月の開設から09年9月末まで(第1期)、熊本市の専門部会が09年10月~11年9月末(第2期)の実態をまとめてきた。第3期の今回は11年10月~今年3月末の2年6カ月の状況を中心に検証した。

 報告書によると、開設からの6年10カ月で男子50人、女子51人の計101人が預けられた。第3期は男子10人、女子10人の計20人。40%が子どもの身元がわからず、第2期に比べて26・7ポイント増えた。専門部会長の山縣文治・関西大教授(児童福祉)は「子どもの身元が分からない事態は避けなければならない。預けた人との接触に最大限の努力を払うべきだ」と、子どもが親を知る権利の重要性を強調。カメラを設置したり、預けた人をこれまでより積極的に追いかけたりすることなどを求めた。

 親と接触できたのは12人。預…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら