[PR]

 子どもたちの理科離れをくい止めようと、さいたま市の小中学校に教育研究者を招いて授業をしてもらい、現役教諭の授業と比較する公開の「バトル」が行われる。わかりやすく教える手法を知り、魅力的な授業づくりにつなげようという取り組みだ。今月24日と11月25日の2回行われ、市内の教員らが参加する。

 理科を教える教諭向けの研修会として、さいたま市教委が企画した。題して「キラリ授業大公開」。

 10月の授業のテーマは、「月の満ち欠け」。市立大原中学校(浦和区)の3年生の授業に登壇するのは、日本理科教育支援センターの理科教育コンサルタント小森栄治氏(58)。自分の頭を地球に、電球を太陽に、発泡スチロール製の球を月にそれぞれ見立てた自作の教材で教える実験「ヘッドアースモデル」を実演する。

 これに対し、同校の海野千秋教…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら