[PR]

 みんなの党は27日、政界再編に向けた党の方針について「政策実現のため最善の選択肢をとる」と与野党双方との協力を否定しないことを決めた。路線対立が先鋭化した新旧代表の主張を盛り込み、2人は握手して和解を演出。再分裂の危機を当面脱した。

 この日の両院議員総会では、渡辺喜美前代表が求める安倍政権との連携強化について「主要政策を放棄し与党化する選択肢はとらない」としつつ、「選択肢として排除しない」と決定。浅尾慶一郎代表の主張に沿って野党再編を重視し、選挙を経ずに与党入りはしないとした17日の役員会の方針から軌道修正した。

 渡辺氏に対する処分も決めず、党の「一致結束」も確認。ただ、浅尾氏が総会後、記者団に「与党が我々の政策をのむ可能性も薄い」と述べたのに対し、渡辺氏は「野党再編は現実的にはあり得ない」と指摘。対立の火種は残った。

こんなニュースも