[PR]

 陸上自衛隊松本駐屯地は長野県知事の災害派遣要請を受け、27日午後6時までに救助用車両25台と隊員112人を現地に派遣した。御嶽山のふもとにある3カ所の登山口で、下山してきた登山客の避難、誘導にあたるという。

 松本駐屯地によると、山頂付近にはまだ取り残されているけが人がいると見られる。山頂一帯には硫化水素が噴出していて、2次災害の可能性があるため、捜索、救助に向かえる状態ではないという。