[PR]

 大分県は、シカの食害が甚大な玖珠町の耕作放棄地に、群れを一気に捕獲できる装置「ドロップネット」を設置した。九州で初の試みだ。

 三重の研究機関などが開発。えさ場に群れが集まるとセンサーが感知してパソコンなどに映像が送られ、管理者が遠隔操作で18メートル四方のネットを落とす。

 知床、尾瀬など全国各地でシカの食害被害が続く。ハイテクの力でシカとの知恵比べを終わらせ、よりよい自然環境をつくる一手となるか。