【動画】御嶽山噴火 続く行方不明者の捜索=吉山健一郎撮影
[PR]

 長野、岐阜県境にある御嶽山(おんたけさん、3067メートル)の噴火で、長野県警は29日、心肺停止状態だった8人を新たにふもとに運び、死亡を確認した。山頂付近では新たに心肺停止状態の5人を発見。死者は計12人に、心肺停止状態の人は計24人になった。両県のけが人も69人(重傷29人、軽傷40人)に増えた。

 自衛隊と警察、消防はこの日早朝、約400人態勢で捜索・救出活動を再開したが、山頂付近で有毒な硫化水素ガスの濃度が上がったため、29日午後1時半すぎ、活動の打ち切りを余儀なくされた。心肺停止の24人は依然、山中に取り残されている。

 長野県警や陸上自衛隊によると、心肺停止状態で新たに見つかった5人は、山頂の剣ケ峰付近に倒れていた。28日までに心肺停止状態で見つかった計31人(死者12人を含む)のうち、約20人は剣ケ峰付近で、約10人は剣ケ峰から王滝頂上山荘に向かって南に下る登山道沿いの約500メートルの間に倒れていた。

 この区域は噴煙が確認された三つの火口の東側で、国土交通省の調査で降灰や噴石が確認された範囲と重なる。死亡が確認された12人の一部は、灰に体が埋まった状態で見つかった。噴石が体に当たったことが死因とされた人もいたという。警察はふもとで待機する医師が死亡診断した時点で死亡確認としている。

 自衛隊と警察、消防はこれまで、ヘリコプターを使って上空から山腹を調べたほか、登山道を徒歩で捜索したが、硫化水素ガスのため、南側の1ルートで部分的に捜索できていない。警察関係者は、岩陰などにけが人が残されている可能性も否定できないとの見方だ。

 27日昼に始まった御嶽山での火山性微動は29日午後6時前の時点でも観測されており、噴火が続いているとみられる。噴煙は火口から約300メートルまで上がり、東に流れている。気象庁は、火口から4キロ圏内で火砕流や大きな噴石に警戒するよう呼びかけている。

 国交省は29日、降灰に雨が降ると土砂災害が発生する危険性が高まるとして、監視態勢を強化すると決めた。監視カメラやセンサーの設置などを検討している。

     ◇

死亡が確認されたのは次のみなさん。

 名古屋市中村区亀島、会社員浅井佑介さん(23)▽岐阜市次木、会社員三浦勇さん(45)▽長野県塩尻市峰原、会社員林卓司さん(54)▽長野県松本市中川、無職横田和正さん(61)▽静岡県御前崎市白羽、会社員増田直樹さん(41)▽岐阜県中津川市中津川、会社員関口泰弘さん(39)▽東京都大田区下丸子、会社員高田紗妃さん(29)▽川崎市麻生区、会社員高橋秀臣さん(41)▽横浜市港北区、会社員本多達一さん(39)▽兵庫県、山上貴史さん(45)▽愛知県知立市東長篠、高校生伊藤琴美さん(18)=長野県警発表、身元判明分