[PR]

 子どもたちの自殺をなくそうと全国で絵本の読み聞かせを続けている東京都の画家、夢(む)ら丘(おか)実果さんの授業が29~30日、県内6小中学校であった。30日の琴平町立榎井小学校では夢ら丘さんが絵を手がけた絵本「カーくんと森のなかまたち」を朗読、5、6年生計50人が耳を傾けた。

 絵本は「ぼくなんか、いてもいなくてもいいみたい」と落ち込むホシガラスの「カーくん」が、仲間と話すうちに自分に様々な長所があることに気づき、元気を取り戻す内容。

 夢ら丘さんは、子どもたちに、うつ病は進行すると命に関わると説明。「皆にその人にしかできないことが必ずある。自分の良いところを探して。友達の良いところを見つけたらぜひ口に出して言って」と呼びかけた。

 6年生の石井知馬君は「困って…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら