[PR]

 英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」が1日、今年の世界大学ランキングを発表した。日本からは東大が昨年と同じ23位に入り、アジア最高位を保った。しかし、日本からトップ200内に入った他の4大学は、いずれも順位を下げた。

 世界一は4年連続で米国のカリフォルニア工科大。2位のハーバード大(昨年2位)、3位オックスフォード大(同2位)などベスト10に大きな変動はなかった。

 日本の大学で東大に続いたのは京大の59位だったが、昨年の52位から降下。さらに、東工大141位(昨年125位)、大阪大157位(同144位)、東北大165位(同150位)と、いずれも昨年よりランクを落とした。

 アジアでは、トップ200に昨…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも