[PR]

 NTTドコモは30日、携帯電話の利用者が持つ「ドコモID」を認証するサーバーに不正ログインがあり、最大6072人分の顧客情報が流出した恐れがあると発表した。

 ドコモによると、漏れた恐れのある情報は、顧客の氏名、住所、電話番号、生年月日、口座情報など。不正ログインがあったのは9月27~29日。顧客ではない第三者が顧客IDとパスワードを不正に入手し、ログインしたとみられるという。

 不正ログインが確認されたIDについては、パスワードを変えなければサービスを使えないようにする対策を取った。対象の顧客には個別に連絡するという。