[PR]

 31日午前11時40分ごろ、宇都宮市芦沼町の鬼怒川河川敷で、約40匹の小型犬の死体を通行人が見つけ、近くの鬼怒川河川公園の管理作業員を通じて警察に届け出た。宇都宮東署は、動物の死体をみだりに捨てた廃棄物処理法違反の疑いもあるとみて調べている。

 署によると、犬には外傷はなく、死後間もないとみられ、一部に首輪や服を身につけていた犬もいた。犬種は複数で、いずれも成犬とみられるという。

 ほとんどが河川敷の草むらや石の上に横たわり、一部が水につかっていたという。

 現場はJR宇都宮駅から北北東へ約13キロで、周辺は田園地帯。