写真・図版

[PR]

 号鐘(ベル)が鳴って、講師は教室から出て行った。三四郎は印気(インキ)の着いた洋筆(ペン)を振って、帳面(ノート)を伏せようとした。すると隣りにいた与次郎が声を掛けた。

 「おいちょっと借せ。書き落した所がある」

 与次郎は三四郎の帳面(ノート…

この記事は有料会員記事です。残り1529文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1529文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1529文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも