[PR]

 オバマ米大統領は1日、香港で行政長官選挙の改革をめぐる抗議デモが拡大していることについて、訪米中の王毅(ワンイー)・中国外相に「香港市民の志を支持する」と述べ、香港の安定には開かれた制度が必要との考えを伝えた。ホワイトハウスが発表した。これに対し、王氏は「中国への内政干渉だ」と強く反発した。

 王氏はホワイトハウスを訪問し、ライス大統領補佐官(国家安全保障担当)と会談した。11月に北京で予定される米中首脳会談などについて議論している最中、オバマ氏が加わり、香港の状況を注視していると切り出した。オバマ氏は「米国は、普通選挙(の実施)と香港市民の志を一貫して支持する」とも伝えた。

 王氏はこの日、ケリー米国務長官とも2度にわたり会談。ケリー氏は会談前に記者団に対し、「できる限りの高度な自治と法の支配に基づく社会が、香港の安定と繁栄には重要だ」と指摘した。その上で、学生らに催涙弾を使った警察当局に抑制を求め、「デモ参加者の平和的に意見を述べる権利が尊重されることを希望する」とも語った。

 一連の会談後、王氏は記者団に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも