[PR]

 財務省が8日発表した8月の国際収支(速報)によると、貿易や投資による海外とのお金のやり取りを示す「経常収支」は前年同月より82・7%増の2871億円の黒字だった。貿易赤字は膨らんだが、日本企業の海外でのかせぎが増えたことから2カ月連続の経常黒字となった。

 輸出額から輸入額を差し引いた「貿易収支」は8318億円の赤字で、赤字幅は892億円拡大した。一方で、日本企業が海外の子会社から得た配当や利子の収入によるもうけを示す「第1次所得収支」は20・6%増の1兆5199億円。比較できる1985年以降、8月分としては過去最大となった。

 日本から輸出するより、海外工場でつくって現地で売る比率が高まっていることに加え、海外での稼ぎを配当などで日本に戻す際、最近の円安で利益がかさ上げされたことも所得収支の増加につながった。主に電機、金融、自動車で黒字が増えた。

こんなニュースも