[PR]

 自民党は9日、嫌がらせ目的で元交際相手の裸の画像などをネット上に公開する「リベンジポルノ」を防ぐための法案の骨子をまとめた。加害者への罰則規定を設けるのが特徴で、最高で懲役3年を科す。被害者は増え続けており、今臨時国会で提出し、成立を目指す。

 この日開かれた特命委員会(委員長=平沢勝栄衆院議員)で骨子をまとめた。性交やそれに似た行為の電子画像などを本人の同意なしに「第三者が撮影対象者を特定できる方法で、不特定多数に提供」した場合を「公表罪」と規定。3年以下の懲役か50万円以下の罰金を科す。

 画像を拡散させるために、無料通信アプリ「LINE(ライン)」などへ提供した場合は「公表目的提供罪」とし、懲役1年以下か30万円以下の罰金とした。

 また、被害拡散を防ぐため、電…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも